MENU

品質

基本的な考え方

UBEグループは、化学、医薬、建設資材そして機械など幅広い事業を国内外で展開しています。
各カンパニーでは、独立性を重視した体制で運営することから、カンパニーは事業形態に沿った主体的な品質活動を行うことが求められるので、品質統括部はカンパニーの自立的活動を支援します。
お客様のご要望に応え、安全で安心な製品を安定供給するため、各々の事業に沿った品質保証の取り組みをカンパニーごとに進めています。

グループ品質指針

私達は、ステークホルダーの信頼を得るため、安全と安心を常に意識し、お客様に満足していただける品質の製品、サービスを開発、提供します。

  1. (1)品質に関わる規制、公的規格等の最新情報を常に入手し、これを遵守します。
  2. (2)お客様との取り決めを守ります。
  3. (3)お客様との交流を密にし、お客様の求める品質を提供します。
  4. (4)品質保証システムの継続的改善に取り組みます。
  5. (5)製品ライフサイクルを通じて、安全で安心して取り扱える製品、サービスの開発に努め、必要な情報を適切かつ確実に提供します。

化学カンパニー 品質方針

化学カンパニー 品質方針

医薬品 品質方針

医薬品 品質方針

建設資材カンパニー 品質方針

建設資材カンパニー 品質方針

機械カンパニー 品質方針

機械カンパニー 品質方針

体制

担当役員のもと、品質統括部がカンパニー品質保証業務を統括し、コーポレートとしての内部統制を確立しています。

取り組み

化学カンパニー

化学カンパニーは、事業部と国内4工場で個別に運用していた品質マネジメントシステム(QMS)を一つに統合し、2016年度からカンパニーQMSの運用を開始しました。2018年度の品質検査に係る不適切事案の対応として、再発防止策の立案と実施を行いました。経営陣や社員の意識を変え、組織体制の変更や検査員の増員を行い、社内ルールの見直しを実施しました。今後はこれらを着実に運用し、継続的改善に取り組み、ステークホルダーの皆様の信頼を回復していきます。
2019年度から医薬事業部も化学カンパニーに編入されていますが、医薬特有の要求事項を満たすため、従来から独自に構築しているPQSを継続し、医薬品品質方針にコミットしていきます。
今後もUBEならではの顧客価値創出を追求し、全社員が品質保証に対する高い意識を持ち、継続的改善に努めていきます。

※PQS(Pharmaceutical Quality System):医薬品品質システム。

建設資材カンパニー

安全で安心な製品の継続的な提供

建設資材カンパニーは、多くのグループ会社を持ち、セメント・資源リサイクル・エネルギー事業のほか、生コン、マグネシア・カルシア、建材製品等の社会インフラと生活の基盤を支えるさまざまな製品を国内外で展開しています。
これらの品質保証および製品安全をカンパニー直轄の品質保証部が統括し、"安全で安心な製品の提供"を継続していくため、"お客様目線でのモノづくり"を追求しています。
また、品質不適切行為の再発防止策として、カンパニー品質委員会を通じてカンパニー品質施策を全部門・グループ会社に周知し、その進捗管理と推進を行っています。さらに、カンパニーの事業所とグループ会社に対して品質・製品安全監査を行い、品質・製品安全体制およびその運用が適切であるかを確認しています。
このような活動を通じて品質・製品安全体制の継続的改善に取り組み、お客様と社会の信頼に応えていきます。

機械カンパニー

お客様の満足と信頼が得られる製品とサービスを継続的に提供

機械カンパニーは、お客様の立場に立ち、多種多様な製品開発を行い、成形機、産機、橋梁など多岐にわたる製品とサービスを国内外へ提供しています。技術革新に挑戦しながら、お客様の満足と信頼が得られる安全、安心な製品とサービスを継続して提供します。また、事業活動に関わる規制、規格を遵守維持するための人材育成に励み、品質マネジメントシステムの継続的改善を図っています。