MENU

労働安全衛生

労働安全衛生への取り組みの基本的な考え方

労働災害ゼロを目指し、安全活動の強化、継続的な改善につなげるため、「安全文化の醸成」活動の推進ならびにリスク低減対策を実施し、本質安全化に取り組みます。健康管理については企業活動の維持・向上を図るため、事業所毎の労働衛生管理体制を確立する。また、健康診断及び事後措置等により生活習慣を改善、さらにメンタル健康相談等の諸施策を進めることにより、従業員の心身両面にわたる健康を確保することに取り組みます。

労働災害防止に向けての取り組み

安全文化の醸成

従来から実施している安全活動の網羅性や有効性を高めるために、2016年度より「安全文化の醸成」の取り組みを開始しました。安全文化の構成要素は「組織統率」、「積極関与」、「資源管理」、「作業管理」、「動機づけ」、「学習伝承」、「危険認識」、「相互理解」の8項目としています。本社が定めた評価基準による結果に基づいて、事業所は課題を抽出し、安全文化の醸成計画を策定、実行することで継続的な改善を図っています。

重大災害の撲滅

UBEグループはこれまでもさまざまな労働災害防止のための活動を行ってきましたが、2018年度からは「重大災害の撲滅」を重点項目とする活動を始めました。重大災害に発展する可能性が高い「墜落・転落」、「挟まれ・巻き込まれ」、「有害物等との接触」作業のリスクアセスメントを実施しています。抽出されたリスクについて計画的なリスク低減対策の実行、および本質安全化を進めています。
また、すべての休業災害、不休災害について、原因調査と対策を実施するとともに、対策実施後に有効性を確認し、水平展開することで類似事故の防止に努めています。

(注)協力会社の範囲は工事請負を含む請負業者とする

安全衛生に向けての取り組み

UBEグループ安全衛生大会

UBEグループ労働安全衛生大会

毎年、UBEグループの安全衛生大会を開催しています。全国各地から400人以上のUBEグループの役員、社員や協力会社が参加し、情報の共有と動機づけを図るとともに、安全衛生に対して大きな貢献をした団体や個人に社長表彰を行います。また、安全小集団による体験発表や外部の講師による安全や健康管理についての特別講演を実施し、安全意識の高揚につなげています。
最後に、役員を含め全員が安全コールを行い、ゼロ災達成、職場環境の改善への決意を新たにしています。

安全衛生協議会

労働安全衛生に関しての年間実績と次年度の計画について、年度初めに全社組合代表と人事部・環境安全部が協議する場を設け、組合からの要望事項や会社から組合への協力要請を話し合っています。

箇所別労使協議会

安全衛生協議会で全社組合代表との協議の後、各地域では事業所単位で組合地域代表者と事業所の代表者による両者の要望・協力要請事項について話し合っています。

健康管理への取り組み

基本的な考え方

健康経営優良法人2020

UBEは企業活動の維持・向上を図るため、事業所毎の労働衛生管理体制を確立します。また、健康診断及び事後措置等により生活習慣を改善、さらにメンタル健康相談等の諸施策を進めることにより、従業員の心身両面にわたる健康を確保することに取り組みます。具体的には【メンタルヘルス対策】、【健診結果の活用】(脳・心疾患対策、悪性新生物対策)、【業務起因性疾病リスク対策】、【タバコ対策】をUBEの重点実施項目とし、経済産業省が進めている健康経営優良法人(ホワイト500)取得を目指しています。なお現在、当社は経済産業省から健康経営優良法人に認定されています。

【メンタルヘルス対策】

私傷病による休業日数の削減に取り組んでおり、全体のおよそ60%を占めるメンタルヘルス不調者への対策として、社内諸施策のみならず、外部専門家による対策も取り入れ、以下の項目を全社横断的に展開しています。

  • 事業所毎の「心の健康づくり計画」の作成、運用
  • 新患発生抑制と復職に向かわせるための施策(復職支援・就業支援計画書策定)の取り組み
  • ストレスチェックの実施と効果的な活用(内部専門職及び従業員支援プログラムの活用)
  • 外部EAP(Employee Assistance Program)による高ストレス者への対応促進
  • メンタルヘルス不調者の要因別対策(個人要因、職場要因等)

【健診結果の活用】

脳・心疾患対策として、特定保健指導や労災二次健診制度によるハイリスク予防対策を行うとともに、社員の生活習慣の改善を図るためのイベントや運動習慣を養うためのウォーキングイベントなどを各事業所にて開催しています。また、悪性新生物(がん)の早期発見のため、定期健診時に実施するがん項目二次検査受診を勧奨し、受診率100%に向けた取り組みを行うとともに、女性がん健診受診率向上のために、健診を受けやすい環境整備、啓発に努めています。

なお、UBEでは健診結果の活用施策を推進していくにあたり「従業員の健康診断結果情報活用の手引き」を作成の上、就業措置を含む適切な安全配慮の実務を担う全ての管理職を対象とした「健康情報活用研修」*1)を全社横断的に展開しています。

*1 健康情報活用研修の年度別受講者率の推移
年度 2016 2017 2018 2019
情報活用研修受講者率 79.0% 80.4% 88.2% 89.8%

【業務起因性疾病リスク対策】

宇部興産では、特殊健診を適切に実施する為のガイドラインを策定し、各事業所における作業記録と作業環境測定結果の保存状況の確認を定期的に行うことを徹底させるとともに、業務起因性疾病リスクの早期発見・早期対応に注力しています。また、作業管理においては作業記録の保管方法として、電子化への取組みも開始しています。

【タバコ対策】

宇部興産では、2020年度末受動喫煙ゼロを達成することを目標としたタバコ対策計画を作成しています。各事業所においては喫煙所の現状調査を行った後、喫煙所の削減および室改造計画を実施するとともに、喫煙率を低下させるため、健保助成金を活用した健康コンテストも行っています。また、社内ホームページには、会社全体の喫煙率の推移と事業所別の喫煙率を掲載しています。