MENU

リスクマネジメント

制度の基本方針

当社は、「内部統制システム構築の基本方針」に基づき、リスク管理規程を制定しUBEグループ全社を対象にしたリスクマネジメント制度を実施しております。本制度では、抽出されたリスクの発生可能性と影響度を評価し、その評価に応じたリスク対策の職制承認制度を実施しており、特にUBEグループ全体に影響をおよぼす重要(重大)リスクについては、経営会議にてリスクの認定とその対策や管理方針などを含めて審議されます。また、その審議内容については、随時、取締役会に報告されます。

体制・運用

本制度では、UBEグループのリスクマネジメントに関する業務を統括・推進するために取締役、執行役員の中から社長が指名するチーフ・リスク・オフィサー(以下CROという)を選任し、CROを補佐しリスクマネジメントの事務局となるリスク管理部を設置しております。
制度運用に当たっては、各部署・グループ会社が事業上のリスクを洗出し、対策を実施し、その有効性と効率性を自己評価した上でリスクマネジメントの運用を支えるリスク管理システムに入力することで、システムによるリスク情報の一元管理と対策の実施状況のモニタリング、さらには、当該情報を社内で共有化(見える化)することが出来るようなっております。

主要リスク、対応策および機会

主要リスク、対応策および機会