MENU

サステナビリティ

サステナビリティ基本指針

UBEグループは、創業の精神と経営理念に基づき、事業を通じて社会のサステナビリティに貢献します。

  1. (1)国内外の法令と遵守すべき国際的な規範やガイドラインに則り、人権尊重を実践し、健全で公正な企業活動を行います。
  2. (2)社会の要請に沿ったコーポレート・ガバナンスを追求し、収益の継続的な拡大と企業価値の向上を図ります。
  3. (3)安全と品質を確保し、環境に配慮した製品を提供します。
  4. (4)事業活動における環境負荷の低減や資源の有効活用に努め、地球環境の保全に取り組みます。
  5. (5)すべてのステークホルダーに対し、適切な情報開示を行い、社会との円滑なコミュニケーションを推進します。
  6. (6)良き企業市民として、国内外で社会貢献活動を推進し、地域の発展に寄与します。

サステナビリティ推進体制

UBEグループのサステナビリティの推進とは、企業の経営そのものです。
企業価値や存在意義を高め、将来に向けて持続的に成長していくこと、また日々の対話を通じて、ステークホルダーからの信認を深め、広く社会との共生を図っていくこと、そしてこれらの事業活動を通じて、創業の精神である「共存同栄」の輪をグローバルに拡げていくことが、UBEグループのサステナビリティ活動です。

総務部の活動方針は以下です。

  • 当社グループのサステナビリティ活動の中で、社会貢献活動に関する情報(社会貢献、寄付、ボランティア、宇部興産学術振興財団、渡辺翁記念文化協会、チャリティーコンサート等)の収集
  • 宇部興産グループチャリティーコンサートの企画運営
  • SDGsについて、その17の目標、169のターゲットと当社グループの活動の関連性を明らかにし、社外に発信
  • CSR、SDGs、ESG等企業として把握しておくべき社会動向や外部情報の収集を継続し、またサステナビリティの観点から各部門・各社に対する指導を行う

国連グローバル・コンパクト

当社は、2021年4月、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト別ウインドウで開く」に署名し、日本におけるローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入しました。

「国連グローバル・コンパクト」は、1999年コフィー・アナン国連事務総長(当時)が世界経済フォーラム(ダボス会議)で提唱した企業・団体の自主行動原則であり、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、国際社会の持続可能な成長を実現するための世界的な取り組みです。

当社グループは創業の精神と経営理念に基づき、「国連グローバル・コンパクト」が掲げる「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」からなる4分野10原則を支持するとともに着実に実践し、事業を通じて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

「国連グローバル・コンパクト」10原則

4分野 10原則 対応するページ
人権 企業は、
  1. 国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、
  2. 自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである
労働 企業は、
  1. 結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持し、
  2. あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、
  3. 児童労働の実効的な廃止を支持し、
  4. 雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである
環境 企業は、
  1. 環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、
  2. 環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、
  3. 環境にやさしい技術の開発と普及を奨励すべきである
腐敗防止 企業は、
  1. 強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである

マテリアリティ

外部からの評価

ステークホルダーとのかかわり

UBEグループでは、社会との共生を実現していくためにはステークホルダーとのエンゲージメントの機会が重要と考えており、下記の5つの活動を積極的に推進しています。