MENU

リスクマネジメント

リスクマネジメント制度の基本方針

宇部興産では、UBEグループのリスクを適切に管理しリスクが顕在化した場合の損害を最小限にするために、取締役会決議にて制定した「内部統制システム構築の基本方針」に基づき、リスク管理規程を定めUBEグループ全社を対象にしたリスクマネジメント制度を実施しています。

リスクマネジメントの体制

本制度では、UBEグループのリスクマネジメントに関する業務を統括・推進するために取締役、執行役員の中から社長が指名するチーフ・リスク・オフィサー(以下CROという)を選任し、CROを補佐しリスクマネジメントの事務局となるリスク管理部を設置しています。
UBEグループ全体に影響をおよぼす重要(重大)リスクについては、経営会議にてリスクの認定とその対策や管理方針などを含めて審議されます。また、取締役会は、その審議内容について、定期的に報告を受けることでモニタリングを行っています。
この重要(重大)リスクに関しては、リスク毎に「リスクテーマ役員(部署)」を定め、当該役員(部署)がリスク対策の有効性と効率性を評価し、次年度の改善点や取るべき対策等を全社横断的な観点からリスク対策の実施部署へ指示・指導を行う体制を整備しています。

リスクマネジメント体制 リスクマネジメント体制

リスクマネジメントの制度と運用

本制度では、各部署・グループ会社は、抽出された事業上のリスクについて、リスク毎の影響度と発生頻度を基準に各々のリスクレベルを判定し、そのリスクレベルに応じた職制承認(リスク内容、マネジメント目標、対策の立案・実施、レビューなど)を得てリスクマネジメントを実施しています。また年次サイクル終了時には、その対策の有効性と効率性を自己評価(レビュー)し、次年度の対策の改善を図ることでPDCAサイクルを回しています。これら一連のプロセスは「リスク管理システム」を使って行われ、リスク情報の一元管理及び対策の実施・改善状況のモニタリング、さらには、当該情報の社内での共有化(見える化)を行っています。

リスクマネジメントの流れ リスクマネジメントの流れ

主要リスク、対応策および機会

主要リスク、対応策および機会