MENU

UBEグループ環境安全基本指針

UBEグループ環境安全基本指針

私達は、「安全はすべてに優先する」を共通の価値観とし、職場と地域社会に安全と安心を提供するとともに地球環境の保全に取り組みます。

  1. (1)労働災害ゼロを目指して、健康で安全な働きやすい職場環境の確保に努めます。
  2. (2)設備事故ゼロを目指して、安全・安心な設備の確保と操業に努めます。
  3. (3)廃棄物や化学物質の排出削減を進めると共に、資源の循環および有効活用に取り組み、循環型社会の構築に貢献します。
  4. (4)持続可能な社会へ貢献するために地球環境問題への対応を自主的、継続的に取り組みます。
  5. (5)社会や企業活力の源となる、働く人の健康保持増進に努めます。

環境安全推進体制

環境安全(労働安全衛生、保安防災、環境保全)に関する方針や施策は、経営の重点課題の一つであり、CEO(社長)を議長とした経営会議(環境安全)で審議・決定しています。また、この会議は高圧ガス保安法で定める「保安対策本部」としての機能を担い、高圧ガス認定事業所の保安管理に関わる重要事項も審議・決定しています。

環境安全施策

労働安全衛生、保安防災、環境保全について継続的改善を図るため、PDCAサイクルに沿った活動を全事業分野で実施しています。

環境安全活動

環境安全活動の内容やデータは、統合報告書2020と統合報告書2020資料編(環境安全)に掲載しています。